各部署のご紹介

2階病棟「大地」

2階病棟は、手術をはじめ、化学療法、放射線治療、血管内治療、温熱治療を対象とした患者さまが多く入院されています。治療によっては長期療養になることもあり、術後の急性期から、慢性期の患者さまのケアに努めています。さまざまなスタッフと連携をとりながら、お互い協力し合い、とてもチームワークの良い病棟です。

3階病棟「青空」

3階病棟は、40床の緩和ケア病棟です。「緩和ケア」が社会的にも認知されつつあるなか、その時、その患者さまにとって最善のケアができ、QOLを保ち、ご家族や大切な人との時間を有意義に過ごす事ができるよう支援するチーム医療を目指して、試行錯誤の毎日です。

緩和ケア専門医5名(うち精神科医1名)、がん看護専門看護師、看護師、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士、作業療法士、管理栄養士、MSW、臨床心理士など様々な専門スタッフとカンファレンスを重ね、協力して療養生活を支えます。また、ボランティアの協力でお茶会やアロマオイルマッサージ、さらにクリスマス会、ひな祭りなど季節の行事も開催しています。

4階病棟「花」

化学療法・放射線療法・温熱療法を目的として入院される患者さまに対して、他部門・他職種・専門看護師や認定看護師などの協力を得ながら、学習会を重ね、スタッフ一同力を合わせて看護しています。

慢性疾患の方も多いため、老人看護専門看護師・認知症ケア専門士、 また歯科医師を中心とした口腔機能チームも積極的に関わっています。患者さまに安心して療養に専念していただけるよう、清潔で快適な環境 の提供に努めています。

5階病棟「葉」

当病棟では、がんの3大治療(手術・化学療法・放射線療法)のうち、化学療法と放射線療法を受ける患者さまの看護が中心です。放射線治療については、がん放射線療法看護認定看護師のもとにケースカンファレンスを行いながら、有害事象予防やその対応が確実に行えるよう日々知識の向上に努めています。

一般病棟には珍しい男性看護師・看護助手のスタッフを交え「患者さま、ご家族さまとのコミュニケーションを大切に、笑顔を絶やさない」をモットーに、素早い対応を心がけています。

外来「生命」

外来には診察室・処置室・外来化学療法センターがあります。がんの患者さまの治療の場は、外来にシフトしてきています。外来での限られた時間のかかわりの中から、必要な情報を得て患者さまのQOL向上に貢献します。

病棟・地域と連携しながら、切れ目なく患者さまを支援できることを目指しています。

外来「水」

放射線部(診断部門、治療部門)と内視鏡センター、手術室・中材、人間ドックがあります。外来、病棟の患者さまに安全・安楽な検査・治療の提供を心掛けています。

医師や放射線技師の方々をはじめ、他の医療スタッフとのチームワークを大切にしています。